クリニック開業前に!信頼できる診察圏調査徹底比較

HOME > 診療圏調査情報 > 理解しておきたい診療圏調査の基礎知識

理解しておきたい診療圏調査の基礎知識

 診療圏調査と言いますのは、ある所で独り立ちしたケースで、1日当たり幾ら位の外来の患者の総数が期待できるか、その立候補地の潜在力つまり、推計できる患者の総数を見極めるものになります。
こうしたデータが大きいならエリアの医療ニーズが多く、小さいともうすでに同じ科目による医療は満杯状態と分かります。
あらためていうまでもなく、医者自身ではじき出すことも可能だと言えますが、クリニック開業サポートを展開している専門会社でも診療圏調査に関するレポート作成サービスを実践していますので、有効活用を推奨します。
しかしながら、その確実性につきましてはそれぞれの会社によって開きがあると考えられますので、立地の潜在力が適正に反映されているのか、或いは危険性はないかなど、鑑定ポイント、あるいは診療圏調査レポートの把握の仕方をあらかじめ把握しておくと賢明でしょう。



 知っておきたい診療圏調査の必要性

診療所を自分で開業するというようなケースで、果たしてその地で実績が出るかどうかを解析することが重要になります。
その解析のベースになる物が診療圏調査といえます。
ひとつの例として、一般的に商店の進出にあたっては、エリアマーケティング調査をして、どういった地理的範囲に至るまで訴求の力が到達するかという商圏を考え、商圏の範囲内の世帯の総数、さらに年齢構成という要素に購買する率掛けて売上の予想を割り出し、運営管理計画の拠り所とするといったステップを踏みます。
そして、診療圏調査に関しても考え方の原則はそのことと同様です。
開業する場所を決めるケースでは、 診療圏の確認が求められます。
どういった業種、或いは業界に関しても、マーケット参入するときには、 マーケットの規模や、競合そして、需給関係のバランスを解析し、 参入障壁を理解した上で マーケット参入を見定めます。



 新たな病院において実施される診療圏調査

診療圏調査の取り組みは、新たに開業する病院が主に実施しているとされています。
どの程度のエリアから患者が訪れる可能性があるのかを、こうした専門的な調査で予測することにより、医院の運営を成功させることに繋げられるのではないかとみられています。
最近では、この診療エリアの調査が綿密に展開され、新しい病院の立地などが検討されているのではないでしょうか。
地域の特性を問わず、この診療圏調査は重要度の高いものとして考えられているため、新規に開業する医師や病院にとっては必要不可欠な取り組みとして認識されています。
全国的な規模で、この診療圏調査が新規開業を控える病院によって展開されており、適切な場所に病院の開業される契機となっています。
この取り組みは、これからも多くの意によって実現されるのではないかと考えられています。

次の記事へ

ページトップへ