クリニック開業前に!信頼できる診察圏調査徹底比較

HOME > 診療圏調査情報 > 診療圏調査に関する基本的ポイント

診療圏調査に関する基本的ポイント

診療圏調査とは、医療施設の開業地においての、人口集計そして分析、それに対抗者実態を分析することを利用して、病を患っている方の総数を推計することを意味します。
近頃、医療施設に対する環境は、病院急増や、診療報酬改定そして、3 割負担といったマイナス要因から継続的な運営管理の難易度が上向いています。
医療施設を開業するケースで、運営継続して維持し続けるため、対抗施設とのポジショニング、そして診療圏の状態、その他見込み患者の数等を、論理的なデーター数値によって推量し、実質的な経営に使用していくことが肝要になってきます。
医療施設を開業する場合、診療圏調査は非常に意義のあるリサーチとなると言えます。
集患に関する失策を回避することから、開業後どの程度のクライアント数が望めるかを、先だってシミュレーション することが重要になります。
非常に高い成果を導くため、交通アクセスや環境、人口、そして経済状況などエリア内の特有性に合わせて、データを解析することになります。



診療圏調査は自身の経営判断にも役立ちます

診療圏調査につきましては別の医院、あるいはクリニックの情報に対する収集の一助となりますが、同時に自らの経営に関して見定める上でも有効活用することが出来ます。
仮に開業したとして、どの程度の患者さんが訪問する可能性が考えられるか、仮のデーター数値を活用することで、診療圏を見極めることが出来ます。
あらためていうまでもなく仮のデーター数値ですから、現実の上でそれに沿ってなるとは断定できませんが、一切重要な情報がない状態で開業する所を決定するより、安定的に収益が出そうな所を見付け出すことが出来ると考えられます。
さらに開業後も、異なる病院などが近場でできたり、経営に対し陰りが見えたときに調査することを通じて、自らの診療圏がどれぐらい狭くなっているのか実感して、参考にして移転を行なったり、異なる医師を雇ったりと、多種多様な戦略を新たな形で考えることも可能です。



クリニック開業で診療圏調査をあらかじめ行う必要性

新たな形で、クリニックを開業する場所を決めるケースでは、 診療圏調査を行って状況を把握することが不可欠と言えます。
どのような業種、或いは業界においても、マーケットに参入するケースでは、 マーケットの規模そして、競合、さらに需給関係のバランス状態などを考察し、 参入のハードルのありかを明白にした上で マーケットの参入が可能かどうかを確認するのは不可欠と言えるでしょう。
このことこそがマーケティングといえます。
そして、医療施設とは言えビジネスであることに変わりありませんから、 開業の際にはマーケティング的な考察が絶対必要です。
開業物件をピックアップする場合には、あらためていうまでもなく、注意深さが必要不可欠であり、 そのために絶対と言って良いほど診療圏調査の資料で判断することが必要といえます。

次の記事へ

ページトップへ