クリニック開業前に!信頼できる診察圏調査徹底比較

HOME > 診療圏調査情報 > 診療圏調査の具体的な方法はどんなものか

診療圏調査の具体的な方法はどんなものか

 診療圏調査と言うのは、医院を開業する為に開業地域を中心に半径500m、1Km(又は半径1km、2km)の人口統計データ (総人口、昼間人口、年齢・男女別人口)、商業統計データ、競合医院の位置関係及び科目ごとの受診率をもとに 平均1日予測来院患者数割り出すといった内容の調査のことです。
 開業予定候補地がどのような環境にあるのかを簡単に把握することができます。開業を考えている人にとっては欠かせない調査と言ってよいでしょう。
 ポイントはいくつかあります。まずは診療圏、競合医療施設、人口関係、推定患者数、聞き取り調査です。これらを総合的に判断して開業する場所を選択しないと成功には近づきません。


 通常の調査の方法では、診療圏内の年齢別構成人口から推計患者数を算出しています。競合医療機関の数やその実体から何割患者数を取れるかなど 均等分割方式や、担当者個人の経験則に頼った勘を基に調査結果を提案しているところがほとんどです。
 診療圏内の人口は、~町~丁目、の集合体で成り立っています。そこに~町~丁目の人口が何人程度なのか、推定科目患者数は何人なのかという数字が出せます。
 診療圏内の町丁別の吸引患者数を合計していけば自院の評価の変化に応じた吸引推定患者数が出てきます。
 この調査のポイントは競合医療機関の調査や評価と、自院のその競合医療機関に勝てる部分を戦略的に作れるかどうかです。
 地域で評価を高めることが出来ることが目標になります。医学と医療は似ていますが、厳密には違います。患者心理も含めた対応が開業医としては 必要になってきます。
 つまり、診療圏内に人口が多いこと、競合医療機関が少ないことは当然ながら、新規に開業する場合、後発開業になるため既存医療機関に対し高い評価を得るためにはどのような形で開業するか、勝つための戦略はということが大事になります。
 物件の所在地および概要、診療科目、診療形態、開業予定日などを事前に決めた後に調査をスタートさせます。


 診療圏を設定する場合地理的状況や社会的状況、そして競合施設の状況を踏まえて診療圏を設定します。
 この場合、現地を実際に歩き回り、環境を五感で確かめます。それをしなければ、正しい判断は不可能です。
 競合医療施設の調査は、「ドクターマップ」「医籍総覧」そして「ホームページ」などを元に、競合の住所、院長名を調べ、各種情報を調査します。
 各競合に足を運び、それぞれ実地調査を行います。また、各種業者より各競合の評判、外来患者数を聞き取り、また、周辺の住民より評判等の聞き取り調査も行います。
 また、住民基本台帳、国勢調査を使い、年齢別人口、夜間人口、昼間人口、人口推移などを調査も大切です。
 診療圏内の住民30人~50人に「通院している医療機関」、その内容、そして患者のニーズを具体的に聞き取りします。
 この調査により、その診療圏の詳細な各種の情報が得られます。確かな方法で開院への一歩へとつなげていきましょう。

次の記事へ

ページトップへ