クリニック開業前に!信頼できる診察圏調査徹底比較

HOME > 診療圏調査情報 > 診療圏調査の利点と重要ポイント

診療圏調査の利点と重要ポイント

診療所をオープンする時、果たしてその地で開業がうまくいくか否かを解析することが重要になります。
分析のベースになるものが診療圏調査になります。診療圏調査は、開業する立候補地においての見込みがある患者の総数の見通しを立てるためのものになります。
開業予定の場所においての病を患っている方の見込みの総数、あるいは対抗する施設の確認ができることになります。したがって、開業地の形での良いか悪いかを見極めるための素材に結びつきます。
それに加えて、事業計画書を作り込む場合、医療の収入を展望するためのポイントになります。診療圏調査は中身をとても入念にチェックしなければ、役に立ちません。
時間を掛けて集めた重要な情報を利用できずに台無しにしてしまうドクターも多いことから、この場面で外側のブレーンのアドバイスを求めてみると賢明でしょう。


診療圏調査の重要性は増しています

診療圏調査と言いますのは、クリニックなどの開業地の、人口集計や分析、あるいは対抗者状況を解析することを通して、患者の数を推計することといえます。
ここにきて、医療機関に関する周辺環境は、競合病院の急増、診療報酬改正、本人3 割負担といった悪影響から永続的な経営の困難さが増加傾向にあります。
病院を開業する際に、医療機関の形での運営管理を継続してキープし続けるためには、競合施設との位置、あるいは診療圏の状況、さらに推定患者の総数等を、ロジカルなデータで推察し、現実の上での経営に活用していくことがとても重要になります。 医療機関を開業するというようなケースで、診療圏調査はとても価値のある検証となります。
集患に関してのミスを避けることから、開業した後いくら位の患者数を望めるのかを、あらかじめシミュレーション することが大切です。
高い成果を誘導するために、交通手段や周辺環境、人口、さらに経済環境など地域特性に応じて、データを分析します。


診療圏調査の押さえておくべきポイント

診療圏調査と言いますのは、開業の予定地を主として地域内に人口を割り出し、競合病院を加味して推定の外来患者の数をはじき出す調査になります。
調査書につきましては収支計画書を構築するためのキーポイントとなる資料になると同時に、開業する前と開業した後の攻略する方法の立案にも価値のある資料となってきます。
こうした調査をしっかりと実施するかどうかで、開業の成功不成功が確定されるわけです。 予定場所で開業した状況での一日あたりの推定患者の総数が割り出しできます。
一方、開業しても患者が活用してくれるという裏付けは何処にもありません。それ以降は、開業した後のドクターと従業員の尽力いかん次第です。
従いまして、診療圏調査において入手できた結果は、基本的に目安になります。開業した後、どういったやり方で可及的速やかに目標に近付けるかが大事になります。

次の記事へ

ページトップへ