クリニック開業前に!信頼できる診察圏調査徹底比較

HOME > 診療圏調査情報 > 診療圏調査の基礎知識を把握する

診療圏調査の基礎知識を把握する

 診療圏調査は、ある場所で開業した場合に、1日あたりどれくらいの外来患者数が見込めるのか、その候補地のポテンシャル=推計患者数を把握することです。この数値が大きければ地域の医療充足ニーズが高く、小さければ既に同一の標榜科目による医療は飽和状態であるとか、人口が少ないため開業には不向きであるといったような、開業候補地の一定の評価指標となってます。
 クリニックの開業支援を行っている事業者でも、診療圏調査のレポート作成サービスを行ってますので、活用をお勧めしてます。ただし、その精度は各社各様となりますので、立地のポテンシャルが正しく反映されているか、リスクはないかなど判断のポイントや診療圏調査のレポートの見方を事前に理解しておくことです。レポートは、事業計画立案時に必要な外来患者数の根拠を示すものとなってます。


 クリニックの開業と診療圏調査との関係

 総合病院にかかって色々な角度から検査をするのが有効ですが、大きな病院には相応の多くの利用者がいるため、待ち時間が長くなることも多いです。大人では待つことも出來る時間も、子供となれば尚のこと長く感じられるようになります。それ以外にも二次感染やアクセスの面など、色々な理由から個人病院や診療所などを利用する人も少なくないですね。
 総合病院などと比較し、個人病院や診療所は個人の結びつきが強く、急な対応にも応じてくれるところが多いことも魅力の一つです。個人病院や診療所を開業する時は、知らないような細かい様々な点から建設の場所を考える所から始まるということです。開業後したことを頭に描き、利用者のアクセス・利便性に不自由しないか、近くに商業施設などがあり利用しやすい環境にあるか、自分が担当する診療科目を必要とする利用者の人口はどのくらいか、診療圏調査の競合となる診療所などはどのくらいか、開業していてどのくらい離れた所にあるのかなど、その項目は多岐に渡るということです。
 立地・診療圏・推定患者数の算定など様々な点から調査を行ないますが、すべての判断が開業後の病院経営が左右されるため、経験などを踏まえた上で、専門家などの助言を参考に土地の気候や自然、交通などの地域上のポイントも加味して総合的に判断します。


 診療圏調査と事前に準備しておくこと

 病院を開業する場合、患者が通院してくれるか心配になるのではないでしょうか。心配なのであれば、診療圏調査をお願いすることをお勧めします。診療圏の範囲を決めて調べてもらうと推定患者数を出してもらうことができるため、安心することができます。開業する前に診療圏調査をお願いしておくと、安心して診察に集中することができるはずです。
 開業場所を簡単に決めてしまうと、開業してから経営がいきずまる場合もあります。プロに任せることも考えてみるとよいのではないでしょうか。診療圏調査について資料を取り寄せることもできます。まずは、資料を取り寄せてしっかりと読んでみるとよいのではないでしょうか。開業を考えているのであれば、早くから準備をしておくことをお勧めします。しっかりと準備をしておくと安心して開業することができるはずです。

次の記事へ

ページトップへ