クリニック開業前に!信頼できる診察圏調査徹底比較

HOME > 診療圏調査情報 > 診療圏調査の特徴と重要ポイント

診療圏調査の特徴と重要ポイント

 診療所をオープンするケースになると、果たしてその場所で報酬が得られるか否かをリサーチすることが不可欠です。分析のベースになるものが診療圏調査になります。
 ひとつの例として、通常の場合、商店の開設にあたっては、エリアマーケティング調査をして、どういった地理的な範囲まで訴求力が到達するかという商圏を想定して、商圏の範囲内の世帯の数、或いは年齢の構成要素といったファクターに購買率をかけて販売の見込みを割り出し、経営プランニングの裏付けとするといったプロセスを踏むわけですが、診療圏調査に関してもとらえ方の原則は同様です。新規での開業にとりまして非常に重要なファクターである立地選定を計算するためには、こうした調査の履行が結果を左右するといえます。それに加えて、調査の信用性を高くするには、地域の特性、あるいは将来に向けた動向も考慮した調査となっていることが重要になります。信頼性がある結果を読み込むことを通して、診療圏調査は立地決定の確認に非常に大きな働きをします。


 診療圏調査に関しての基礎的知識

 診療圏調査と言いますのは、エリア内の現状を認識して凡その見込み患者の数を算出するための調査になります。一番シンプルなものは、診療圏の人口に対して受療率を掛けて、競合医院の数によって割るという手法になります。
 まず第一に患者の通院が期待できる地域を診療圏という形で設定し、地域で生活している人口に対して、厚生労働省の患者調査を基にしている受療率を掛けて割り出します。このようにして示された想定の患者総数を、競合している医院の数で割ることを通して、自院で期待できる患者の数をはじき出すことになります。実際のところは、ロケーション特性であったり競合している医院の特性など、検討しなければならないファクターがさまざまあるため、調査方法は敢行する業者によって多種多様といえます。少し前からコンサルティング会社、あるいは不動産会社など費用なしで提供する会社組織もあり、有料で一層高精度の調査を担うところも見受けられます。


 診療圏調査を実行する必要性に関して

 診療圏調査と言いますのは、開業予定地においての見込み患者数の見通しを立てるためのものになります。シンプルな方法は、診療圏の人口に対して受療率を掛けて、競合医院数で割るアプローチです。開業地より円形でエリアを絞りこみ、一次及び二次診療圏に区分してデータを出すことになります。診療圏調査をし無い状態で開業する医師も見られます。
 しかしながら、こうした調査には周辺の医院の重要な情報、あるいは人口や、年齢構成を見定めるのに力を発揮してくれる必要な情報が数多く見られるので、開業の場合は必ず確認すべきと考えられます。特に重要視した方がよいのは、一次診療圏の来院患者数といえます。一般的に考えて、医院から半径500m内を一次診療圏、さらに半径1000m内を二次診療圏と位置付けて確かめます。気楽な気持ちで通院することができる一次診療圏の患者につきましては、かかりつけになる可能性が大きいので、多いほどアドバンテージになります。

次の記事へ

ページトップへ