クリニック開業前に!信頼できる診察圏調査徹底比較

HOME > 診療圏調査情報 > 診療圏調査は開業の際にとても重要

診療圏調査は開業の際にとても重要

 診療圏調査とは、ある場所で開業した場合などに、1日あたりどれくらいの外来患者数が見込めるか、またその候補地のポテンシャル=推計患者数を把握するための指針になります。
 この数値が大きければ大きいほど、地域の医療充足ニーズが高いということになります。反対に小さければ小さいほど既に同一の標榜科目による医療は飽和状態であるとか、人口が少ないため開業には不向きであるといったような、開業候補地の一定の評価指標となります。
 これから開業を考えている人にとっては事前に欠かせない調査といってよいほど、とても大きな意味を持つ調査と言ってよいでしょう。


 推計患者数のやり方は「エリア人口×受療率÷(科目別競合医院数+1)」で算出されます。
医師本人で算出することももちろん可能なのですが、クリニックの開業支援を行っている事業者でもこの調査のレポート作成サービスを行っています。
 確実に作業してもらえるので活用するのもおすすめです。ただし、その精度は各社様々です。立地のポテンシャルが正しく反映されているかどうか、リスクはないのかなど、判断ポイントや診療圏調査レポートの見方を事前に理解しておくほうが良いでしょう。
 レポートは、事業計画立案時に必要な外来患者数の根拠を示すものになります。推計患者数を算出するには、自分のクリニックにどのくらいの範囲の方が来院するかといった「商圏の設定」をする必要があります。
 商圏は、同心円の距離で設定する場合のほかにも車による到達時間で線引きをする場合などがあります。
 地域の特性により、どちらが相応しいかを判断して利用することが大切です。同心円型による距離設定の場合には、一般的なクリニックのケースで半径1km前後エリアだといわれています。その中でも、内科は競合する医療機関が多いため、比較的狭く設定するのが一般的です。 
 なお、この範囲は広く設定すれば、推計患者数が多くなるというものではありません。推計患者数の算出方法の通り、この診療圏に入る同一診療科の医療機関は、競合としてカウントされるからです。あくまでこれは実態に近しいもので設定すべきだと覚えておきましょう。


 この調査では、推計患者数以外にも男女別・年齢層別の人口データなど、候補地の特性を把握できるデータが添付されるケースが多いでしょう。
 開業候補地が自身の診療コンセプトに合致した場所であるか否か、客観的な数値で把握できます。開業支援事業者をうまく活用して、自分自身の開業準備に役立ててみましょう。

ページトップへ